FAQ

当事務所の代表弁護士の渡邉仁は、埼玉闇金弁護団の団員です。また、渡邉も竹内浩弁護士も民暴対策委員会に所属しております。

債務整理の仕事を中心としている事務所は大変多いですが、いわゆる闇金となると積極的に対応している事務所は多いとは言えないのではないでしょうか。通常の債務整理の仕事のみ受任をして、闇金は他の事務所に回すという残念な傾向もなきにしもあらずです。

当事務所は、通常の債務整理のみならず、闇金被害にも積極的に対応しております。場合によっては、埼玉県警等所轄の警察(主に生活安全課)にもお願いをする等して、闇金被害の撲滅を目指しております。悪質な業者に対しては、口座の凍結、電話番号の調査も含めて対応をしております。

闇金の被害は深刻です。一家崩壊、心中にまで追い込まれたケースもあります。しかし、闇金に取り組んでいる弁護士に依頼をして、早期に解決を図れば徐々に静かな生活が戻ってくることでしょう。

何よりも、違法な闇金業者からは決してお金を借りない、という姿勢を持ってください。

当事務所では、有料相談も無料相談も全く変わりなく対応しております。無料相談を行っている理由は、少額の被害や、僅かな法律の知識の有無で悩んでおられる方が相当にいらっしゃるからです。このような方々は、極端な場合、弁護士の通常の相談料等(30分5000円以上)で赤字になってしまう場合も少なくありません。特に消費者問題(ネット商法等)、身に覚えのない費用請求等、無料相談で救われたとおっしゃっていただいた方が多数いらっしゃいます。また、その方達によって、当事務所を信頼できる事務所として紹介していただくことで、当事務所も発展していくことができます。これは、長年に亘って温めてきたアイデアです。当事務所も皆様に喜んでいただけることで、地域社会に貢献できるものと自負しております。

当事務所は、敷居の低い法律事務所をモットーとしております。法律の知識が不十分な方が泣き寝入りすることのないように、無料相談を6つの分野にわたってもうけてお気軽に相談ができるようにしております。債務整理相談においては、無料の電話相談も実施しております。さらに、相談をしやすいように、土日、祝祭日、夜間の対応もしております。
また、受任をする際に、着手金を明示するとともに報酬金の計算方法の説明を行い、契約書を作成しお渡し致しますので、費用の総額の見当がつきますので安心して事件をお任せいただくことができます。
弁護士費用の分割払いにも応じておりますので、ご相談ください。

無料相談の分野は、今まで相談内容から割合的に多数を占め、また、深刻な問題となりやすい分野を選びました。
当事務所は、無料相談の各分野については経験が豊富ですので、過去の経験に基づいた具体的な回答をすることができます。したがいまして、無料の範囲である30分以内でも、十二分のアドバイスを受けることが可能です。

依頼をされる方は、埼玉県の方が多いですが、栃木、茨城、群馬の方も少なくありません。資力の有無、年齢層は幅広く亘って依頼をされております。また、かつての依頼者からの紹介によって、依頼をされる方は非常に多いです。
当事務所の弁護士は、埼玉弁護士会の委員会に所属しており、委員会関係の事件、たとえば、消費者問題、闇金対応等の依頼も少なくありません。
また、総数の半分近くが企業からの依頼でもあり、企業の法的問題にも積極的に取り組んでいます。

当事務所は、敷居が低い事務所をモットーとしております。一般の方々は平日には働いているので時間がとりにくいために、当事務所では、勤務帰りの夜間、土日、祝祭日も対応をしております。土日祝祭日のご相談のご予約は、平日の業務時間内にご連絡いただきますようにお願いいたします。

 離婚原因についてのご相談が比較的多いです。
世間一般では「性格の不一致」による離婚、としばしば言いますが、法律の世界では「性格の不一致」は離婚原因として明記されておりません。配偶者の不貞行為等明確な証拠がある場合を別として、離婚原因に争いがある場合は、慎重な見通しを立てる必要があります。

 遺産の範囲を巡ってのトラブルが比較的多いですね。被相続人(故人)が生前に相続人のどなたかに贈与した財産も、原則として遺産分割の対象となるのですが、名義を基準として遺産の範囲を考えてしまう方も少なくありません。
さらに、遺言書は決してオールマイティーではありません。遺留分の主張について念頭にないために、遺産についての主張ができなくなるという残念なケースもあります。
相続問題は、できるだけ早く相談にいらっしゃることをお勧め致します。

 借金問題に長年に亘って苦しんでおられる方は少なくありません。毎月の給料日を指折り数えて、その月の借金を返済し、また、借り入れをして、翌月の給料日を待ち望む…そのような方々に何人もお会いしてきました。
 借金問題の解決方法としては、金利が高い時期から借り入れをなさった方のために、金利を安くして、場合によっては払いすぎた金利を取り返せるか否かを調査する任意整理という手段があります。ただ、金利が法定金利に納まった時期以降(平成18年以降)においては、利息を低くすることは困難な場合が多くなります。ご自身で業者と交渉をすることが困難な方以外は、自己破産か個人再生を検討なさった方がよいでしょう。
 自己破産も個人再生も裁判所への申し立てが必要となり慎重な手続きを践むことになります。
 自己破産は、借金をいわば帳消しにする手続きです。借金をリセットして人生のやり直すために国が与えてくれたチャンスと考えてください。
 ところが、自己破産では、住宅ローンも払えなくなるために自宅を手放さなければならなくなります。せっかく頭金を作り、ここまでローンを支払ってきた自宅を泣く泣く手放すことは非常につらいことです。そのために、住宅ローンは今まで通り支払い、他の借金は5分の1程度(最低100万円)に圧縮して、3年程度の期間に分割払いで返済する個人再生という手段を検討することになります。

 事件の内容にもよりますが、緊急を要すると判断した場合は、複数の弁護士で協力し合って緊急の対応も可能です。
また、平日夜間、土日祝祭日の対応も可能ですので、緊急を要する事件でもお気軽にご相談ください。

1

アクセス

大宮駅徒歩4分

埼玉県さいたま市大宮区宮町2-10
シンテイ大宮ビル2F(地図はこちら
TEL:048-650-0606
FAX:048-648-0733

【交通】

JR・東武鉄道・埼玉新都市交通「大宮駅」徒歩4分

私たちにご相談ください。
  • 法律相談カード

    来所の際は法律相談カードをご持参いただきますとご案内がスムーズです。
    また、法律相談に関する資料などをご持参頂くと、より有益なアドバイスができます。

お客様対応エリア

路線図