不動産事件について

大宮エリアの不動産問題なら安心してお任せください(実績多数)

つかさ総合の不動産問題あんしんサポートシステム

  • ベテランと中堅・若手の弁護士2人体制で解決に臨みます。
  • 2人体制による弁護士費用の加算はございません。
  • 事務員は事件担当制になっておりますので、お問い合わせには迅速に対応できます。

1 はじめに

不動産は、資産の中でも極めて重要であり、また、一般の方には生活の本拠となることはご存じの通りです。したがいまして、不動産を巡るトラブルは多岐にわたり、また、深刻な内容となりがちです。たとえば、賃貸マンション・住宅の賃料滞納、立ち退き要求、不動産売買を巡るトラブル等です。

2 賃貸借関係について

借地借家関係は、地主さん、大家さんとも長いつきあいになります。そのために、普通の契約とは異なる要素、つまり一回限りの関係ではなく、何ヶ月も何年も、場合によっては何十年にわたる関係、そして信頼関係を考慮して問題解決を図らなければなりません。

一般の認識と裁判例とが意外にかけ離れている分野でもあります。たとえば、賃借人の方は敷金は戻ってこないもの、と思っていませんか?敷金は、返ってくるものなのです。そして、大家さんも敷金については甘い見通しはとらないことです。

また、「大家さんから来月で出て行ってほしい、と言われてしまった。」「次回で契約を更新しないと言われてしまった。」と困っている方はいらっしゃいませんか。賃貸借契約は、そうそう簡単に解約はできません。

3 不動産の売買について

不動産の売買は、一生の買い物ですから、慎重に検討しなければなりません。ところが、日頃から契約書をご覧になったことのない方は、契約書を見ただけでは、何がどういう影響を将来にもたらすのか分からない場合が少なくありません。

ローンキャンセルとなったのだけど手付け金が戻ってこない、重要事項の説明と実際が食い違っている等々、解約を巡ってのトラブルも少なくありません。

大きな後悔をしないように、売買の段階で専門家の判断を仰ぎましょう。

4 近隣関係について

通行地役権、土地の境界をめぐる争いなど、ご近所であるにもかかわらず、深刻な紛争を長期間に亘って抱えておられる方は少なくありません。このような場合は、法律論のみで一刀両断にできるわけではありません。ご近所との関係、不動産の状況等を踏まえながら、妥当な解決を目指します。

5 弁護士法人つかさ総合法律事務所の不動産紛争への取り組み

不動産紛争は上記の通り、l色々な問題が生じます。資産として、そして、生活の基盤として重要な対象であるからこそ、いったん紛争が生じるとなると、なかなか妥協をすることができず、長期化することは少なくありません。2世代にも亘って抱えておられる方もいらっしゃるくらいです。

できるだけ、紛争が深刻になる前に、弁護士法人つかさ総合法律事務所をお尋ね下さい。弁護士法人つかさ総合法律事務所の弁護士たちは、不動産会社との長いつきあいのある弁護士がおり、不動産業界の内部や、県庁等役所を利用しての事件処理のアドバイスも行うことができます。

最近は、不動産投資をなさっておられる方の、ご相談も少なくありません。不動産投資をなさる方も、管理会社に任せきりにするのではなく、今後の見通し、管理会社との関係について、契約書を踏まえて一度、是非無料相談を受けることを強くお薦めいたします。

アクセス

大宮駅徒歩4分

埼玉県さいたま市大宮区宮町2-10
シンテイ大宮ビル2F(地図はこちら
TEL:048-650-0606
FAX:048-648-0733

【交通】

JR・東武鉄道・埼玉新都市交通「大宮駅」徒歩4分

私たちにご相談ください。
  • 法律相談カード

    来所の際は法律相談カードをご持参いただきますとご案内がスムーズです。
    また、法律相談に関する資料などをご持参頂くと、より有益なアドバイスができます。

お客様対応エリア

路線図