離婚事件について

埼玉・大宮エリアの離婚問題なら安心してお任せください(実績多数)

つかさ総合の離婚あんしんサポートシステム

  • ベテランと中堅・若手の弁護士2人体制で解決に臨みます。
  • 2人体制による弁護士費用の加算はございません。
  • 事務員は事件担当制になっておりますので、お問い合わせには迅速に対応できます。

1 はじめに

結婚当時は、お互いに一生の伴侶に、と誓ったはずですが、結婚生活を経てきますと、様々な理由から残念なことに離婚に至る場合は少なくありません。

しかし、離婚は後ろ向きに考えずに、人生の再出発のために、とできるだけに前向きに取り組みましょう。

弁護士法人つかさ総合法律事務所では、豊富な経験を踏まえて、皆さんとともに離婚問題の解決を目指します。

2 離婚の見通し

離婚を求める側も、離婚を迫られている側も、今後の見通しを十分に持って取り組まなければなりません。

具体的には、相手方が示している離婚原因、あるいは、ご自身が考える離婚原因によって、果たして調停や裁判でも十分に離婚に至ることができるのか、その見通しを提示します。

たとえば、不貞行為等、明らかに離婚原因がある場合は、調停や訴訟を視野に入れて、離婚への道筋を検討します。

そのような原因が見当たらない場合は、離婚を求めることは、なかなか困難であると言えましょう。離婚原因がやや弱い場合(性格の不一致、家庭内別居状態等)は、訴訟に至る前に離婚の見通しについて検討致します。

また、いずれにせよ、

(1)離婚に至るまでに請求できる(あるいは負担すべき)婚姻費用(生活費)を算定し、当座の生活の見通しを立てるとともに、

(2)相手に慰謝料の請求ができるかどうか、できるとしたら幾らくらい請求できるのか、

(3)財産分与の見通しについて、具体的には、どの財産が夫婦共有財産とされるのか、また、割合はどの程度になるのか、

(4)子ども達の親権者はどちらとなるべきか、

(5)養育費について、等々、今後の見通しを立てた上で問題解決に取り組みます。

相手方に対するアプローチとしては、交渉、調停、訴訟の段階があります。これは、事件ごとにどの段階から関与するべきかは、それぞれに異なりますので、是非ご相談ください。

3 男女関係問題、不倫問題について

不倫問題は尽きることがありません。多くのカップルが不倫問題で苦しんでいます。不倫問題は、不倫をしている方もされている方も、ある意味、不幸な状態です。 

配偶者の不貞行為が発覚したとき、今後の方針をどのようにしたらよいのか、すぐにご相談ください。

中には興信所に依頼をしてから弁護士に依頼をする、という方もいらっしゃいます。順序が逆です。まず、弁護士に依頼するべきです。仮に、他の法律事務所で自分で興信所を探してきてから相談をするようにと言われた方は是非、弁護士法人つかさ総合法律事務所の無料相談を受けてください。当事務所では、不倫問題に数多く取り組んでおります。したがって、相談のみによっても、配偶者の不貞行為の行動パターンを見分け、解決の方向性を指摘できる自信があります。また、興信所の費用は積算すると高額になる傾向にあります。効率良く興信所を利用しないと、多額のお金を使ってしまうことになりかねません。

配偶者の不倫が発覚した場合には、単に、相手に証拠を突きつけて、問いただして済む問題ではありません。ましてや、証拠が不十分な場合には、軽率な行動が後で大きな後悔になってしまう危険性もあります。配偶者の頭越しに相手に乗り込むことは、かえって紛争を拡大することにもなりかねません。強引な行動がかえって逆手にとられる恐れもあります。

仮に、離婚を決意する場合も、慰謝料や財産分与、親権、養育費等々、先の見通しができないままに軽率にも別居に踏み切ってはいけません。

逆に、不貞行為をしてしまった側は、どの程度の慰謝料を支払わなければならないのか、不倫の相手方にどのような請求がなされるのか、先の見通しをしっかり持って、問題に臨むようにしましょう。自己の不倫関係を殊更に正当化するような言動は、かえって問題をこじらせることにもなりかねません。できるだけ早く相談にいらしてください。

また、不倫行為の相手方であったからといって、その配偶者から職場に押しかけられる、近所に言いふらされる等の行為を甘受しなければならないことはありません。当然にプライバシーは守られなければなりません。相手からの不当な要求であれば、それに対して毅然として拒否を貫きましょう。そのためには、弁護士に依頼して早めに交渉に入ることです。

当事務所の弁護士は、相談の際に、相手である配偶者の不貞行為の可能性を見破るケースが少なくありません。そして、協力関係にある調査会社をご紹介することにより、比較的リーズナブルな費用で証拠を固めることにも数多く成功しています。証拠が固まったことにより、形勢が不利だった訴訟が一気に逆転したケースも多くあります。

交渉の着手金も15万円であり、リーズナブルな設定になっています。しかも、その後の調整の手続きの際には、それまで受領した弁護士費用を内金として扱わせていただきますので、弁護士費用がいたずらに高額になるということは、決してありませんし、弁護士費用の見積もりは事前に明示致しております。

4 相談は是非早い段階で

人それぞれが異なる個性を持つように、離婚も当事者の数だけ事件の特殊性があります。離婚事件は地道な作業です。こつこつと積み重ねて問題の解決を図らなければなりません。

弁護士法人つかさ総合法律事務所は、皆さんの抱えておられる悩みをそれぞれに一緒に考えていきたいと思っております。弁護士法人つかさ総合法律事務所の弁護士たちは、多くの離婚事件、不倫問題の交渉・訴訟の経験を積んでおります。

弁護士法人つかさ総合法律事務所の弁護士たちは、お互いの経験を共有し合い経験値を高めることで、受任した事件について、できるだけ円満な解決に向けて努力しています。当初は、難しい事件であったとしても、時間をかけて解決にこぎ着けた例も多数あります。たとえば、子供が一方的に連れ去られたケースで、時間はかかりましたが、無事取り戻しに成功した(監護権者の指定を勝ち得た)事例もあります。

離婚問題は、初期の段階から専門家のアドバイスをしっかり聞いて、見通しを立てるべきです。たとえば、まだ離婚に踏み切ることが時期尚早だとしても、今後の見通しが立てられるだけで人生設計は大きく変わってきます。

当事務所は、初回60分無料相談を行っており、幸い多くの方から「見通しが立った」「不安が解消された」と支持をいただいており、どなたかが毎日のようにご相談にいらしていただいております。また、今般、会議室を大改造し、遮蔽、遮音の効果が飛躍的に上がりましたので、周囲の目や耳を気にせずに安心してご相談いただけます。是非、お気軽にご相談ください。

また、女性弁護士もおります。平成24年度からさらに女性弁護士が一人増える予定です。女性弁護士にこそ話を聞いてほしいという方は、女性弁護士を特に指名してご相談予約をなさっても結構です。

迷ったら、とりあえず相談にいらしてください。皆さんの連絡をお待ちしております。

詳しくは離婚特設サイトをご覧ください

男女間トラブルの特設サイトはこちら

アクセス

大宮駅徒歩4分

埼玉県さいたま市大宮区宮町2-10
シンテイ大宮ビル2F(地図はこちら
TEL:048-650-0606
FAX:048-648-0733

【交通】

JR・東武鉄道・埼玉新都市交通「大宮駅」徒歩4分

私たちにご相談ください。
  • 法律相談カード

    来所の際は法律相談カードをご持参いただきますとご案内がスムーズです。
    また、法律相談に関する資料などをご持参頂くと、より有益なアドバイスができます。

お客様対応エリア

路線図