費用について

 当事務所のポリシーは、依頼者に経済的利益をもたらさないような費用設定をしない、ということです。弁護士費用分割高になってしまったということは原則として避けるべきだと考えております。したがいまして、弁護士費用でマイナスになるような事件であればお断りするか、あるいは、アドバイスだけで終わらせていただきます。また、受任段階では不明ではあるものの、仮に、結果として弁護士費用分でマイナスになるリスクがある場合は、事前に明らかにしてご説明申し上げますのでご安心ください。

 以下はおおよその目安です。費用の見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。当事務所は弁護士費用の分割払いのご要望に対応しております。また、当事務所は、法テラスと契約をしておりますので、資力に不安がある方も、お気軽にご相談ください。

 なお、以下で示すところの成功報酬とは、受任以前の段階からどれだけ経済的利益をもたらすことができたかにかかっています。たとえば、交通事故の場合、加害者側から提示された金額が少ないとして訴訟になり判決を得た場合、全体の金額を基準にすると、弁護士費用分で受任以前よりもマイナスになる恐れがあります。そこで、当事務所では、相手方から提示されて上乗せされた金額を基準として成功報酬を考えますので、結果として弁護士に頼んだだけマイナスになったということのないようにしております。

 

なお、実費及び消費税は別途請求致しますのでご了承ください。

1.法律相談

(1)通常相談

通常相談は、30分3000円です。10分オーバーすると10分あたり1000円かかりますので、ご了承ください。

(2)無料法律相談

  1. 債務整理
    債務整理相談は無料です。時間制限はありません。
    電話無料相談も可能です。ただし、電話での事件の受任はできかねますのでご了承ください。正式に受任する場合は、必ず面接をして手続をしていただく必要があります。
  2. 交通事故相談、遺産相続問題、離婚問題、不動産紛争、刑事事件の相談は、1事件あたり初回60分無料です。ただし、10分を超過しますと10分あたり1000円をお支払いいただくことになりますのでご了承ください。

(3)出張相談

出張相談は、1時間1万円となります。1時間未満の出張相談はお受けできません。また、別途往復交通費がかかります。交通費は時間短縮のためにタクシー代、特急料金(指定席)を利用することをご了承ください。

(4)電話相談

当事務所では、債務整理事件のみ無料の電話相談を受け付けています。他の事件では受け付けられませんのでご了承ください。なお、電話相談では一般的な説明のみになること、電話相談のみで受任することはできないことをご了承下さい。債務整理以外の場合でも、一般的な事柄についてはアドバイスは可能です。

2.債務整理関係

(1)自己破産(20万円~)

個人の自己破産の場合
給与所得者 債権者数が5社以下
債務総額が3000万円以下
20万円
債権者数が6社以上10社以下
債務総額が3000万円以下
25万円
浪費や換金行為などで管財事件となることが確実な場合 30万円
上記以外 30万円
個人事業主 債権者数が5社以下
債務総額が5000万円以下の場合
30万円
債権者数が5社以上10社以下
債務総額が5000万円以下
35万円
上記以外
(債務総額、債権者数等から別途見積もります)
40万円~
夫婦二人揃って自己破産を行う場合 35万円~
会社の自己破産の場合
役員1名もしくは従業員5名以内
または負債総額5000万円未満
35万円
役員2名以上もしくは従業員6名以上
または負債総額が5000万円以上
40万円
上記以外
(債務総額、債権者数等から別途見積もります)
50万円~
会社とともに代表者その他の役員が個人破産を行う場合 会社の費用+1人あたり20万円~

(2)民事再生の場合

  1. 個人再生の場合 35万円~
  2. 通常再生の場合 50万円~

個人、会社とも、債務総額と債権者数、住宅ローン特別条項の有無等によって別途見積もりを行います。

(3) 任意整理の場合

1社あたり総額3万円です。いわゆる減額報酬はいただいておりません。任意整理の調査の過程で過払い金が発覚した場合は、過払い金の返還を請求致します。

(4) 過払い金返還請求について

過払い金の有無についての調査は無料です。お気軽にご相談ください。過払い金が戻ってきた場合は、1社あたり3万円に、戻ってきた金額の2割を加えた金額を報酬としてご請求致します。

3.一般民事

(1)交渉事件

  • 着手金15万円(軽微な事件の場合は、10万円からです)
  • 成功報酬は着手金と同金額に、交渉の結果として経済的利益をもたらされた場合には、1割程度の金額を基準として加算します。

(2)調停事件

  • 着手金30万円(軽微な事件は、20万円からです)
  • 成功報酬は、着手金と同程度の金額を前提とします。それに、結果として経済的利益をもたらされた場合には、弁護士法人つかさ総合法律事務所の報酬規定に基づき、認定された金額の総額(上乗せできた金額)に基づき1割から2割程度の金額を基準としてご請求致します。

(3)訴訟事件

  • 着手金30万円(軽微な事件は20万円)から*事案の内容によって、別途見積もりを出させていただきます。平均は30万円~50万円程度です。
  • 成功報酬 *結果として経済的利益がもたらされた場合に、弁護士法人つかさ総合法律事務所の報酬規定に基づいて1割5分から2割程度の金額を基準として請求を致します。

4.離婚事件の場合

(1)交渉の場合

  • 着手金15万円
  • 成功報酬15万円+経済的利益1割程度(養育費、婚姻費用は、経済的利益には含みません)

(2)調停の場合

  • 着手金30万円(ただし、交渉から引き続いての場合は、すでに支払われた着手金を内金扱いとして差し引いた金額になります)

(3)訴訟の場合

  • 調停から引き続いた場合 着手金 20万円(本来は着手金は50万円ですが、調停を受任している場合は、調停までの着手金30万円を内金として扱い、差し引いた20万円で対応が可能です)
  • 訴訟から対応する場合 着手金 30万円

(4)成功報酬

  • いずれの手続きにおいても、着手金と同金額に認定された財産分与および慰謝料を合わせた金額の1割程度を加算します。また、相手の主張する慰謝料及び財産分与から減額が認められた金額の1割程度を目安とします。

5.男女問題

(1)交渉の場合

着手金 15万円
報酬金 15万円

いずれも消費税・実費別途

なお、報酬金について、獲得金額が150万円を超えた場合、超えた金額の1割を加算する。

慰謝料を請求される側の交渉の場合でも、着手金と報酬金は同じとする。なお、相手方の請求金額からの減額が150万円以上となる場合は、その超えた金額の1割を加算する。

(2)裁判の場合

着手金 20万円
報酬金 20万円

いずれも消費税・実費別途

なお、報酬金について、獲得金額が150万円を超えた場合、超えた金額の1割を加算する。

慰謝料を請求される側の交渉の場合でも、着手金と報酬金は同じとする。なお、相手方の請求金額からの減額が150万円以上となる場合は、その超えた金額の1割を加算する。

交渉から引き続き裁判を依頼する場合は、追加着手金として10万円を請求する。報酬金は上記のとおり。

6.相続問題について

遺産分割については、どの程度の遺産の相続が認められるかが明確でない場合が往々にしてあります。したがいまして、当事務所では最終的に相続が認められた遺産を基準として、弁護士法人つかさ総合法律事務所の報酬規定に基づいて計算します。これは、かつての弁護士会の報酬規定と同じです。だいたいの目安としては、当事務所の弁護士の努力により相手方から提示された金額に上乗せできた財産総額の1割から2割5分前後です。勝ち得た相続財産全体が基準ではありませんのでご安心ください。当事務所では、弁護士に頼んだだけ費用がかかったということのないようにしております。なお、最初の段階で多額の費用がかかることはありません。どうか、安心してご依頼なさってください。

(1)遺産分割の交渉

15万円

(2)遺産分割調停・審判

30万円(交渉から引き続きの場合は、差額15万円)

(3)成功報酬

相続が認められた財産の総額(受任前に相手方から提示された財産あるいはすでに取得した財産から上乗せできた財産の総額)を基準として、弁護士法人つかさ総合法律事務所の報酬規定に基づき、トータルの弁護士費用を算定します。そのうえで、それまでお支払いいただいた費用を内金をして差し引いてご請求致します。

7.交通事故について

(1)交渉

着手金無料
加害者(保険会社)の提案より増額がなければ、報酬金はいただきません。

(2)調停

30万円

(3)訴訟

30万円

なお、交渉あるいは調停から引き続いた場合は、それまでいただいた費用を内金として扱い、差額を請求致します。

(4)成功報酬

認定された損害賠償金を基準として、弁護士法人つかさ総合法律事務所の報酬規定(だいたい総額の1割5分から2割5分前後です)を基準として算定します。

なお、すでに加害者の保険会社から示談の提案があった場合は、その金額から上乗せできた金額を基準として計算しますので、弁護士費用を差し引いて保険会社の提示した金額を下回ることがないように調整致しますのでご安心ください。

8.刑事事件

(1)起訴前の弁護活動

  1. 着手金20万円
  2. 成功報酬 不起訴、罰金となった場合は、30万円

(2)起訴後の弁護活動

  1. 着手金 30万円
  2. 成功報酬
    • 無罪の場合 100万円
    • 執行猶予となった場合 着手金と同金額
    • 実刑でも、検察の求刑より8割未満の刑となった場合、着手金と同金額

記載している費用は全て税別の表記になります。

アクセス

大宮駅徒歩4分

埼玉県さいたま市大宮区宮町2-10
シンテイ大宮ビル2F(地図はこちら
TEL:048-650-0606
FAX:048-648-0733

【交通】

JR・東武鉄道・埼玉新都市交通「大宮駅」徒歩4分

私たちにご相談ください。
  • 法律相談カード

    来所の際は法律相談カードをご持参いただきますとご案内がスムーズです。
    また、法律相談に関する資料などをご持参頂くと、より有益なアドバイスができます。

お客様対応エリア

路線図